Category Archives: ヨルシカ

Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

ヨルシカ – 盗作(OFFICIAL VIDEO)

俺は泥棒である。 往古来今、多様な泥棒が居るが、俺は奴等とは少し違う。 金を盗む訳では無い。骨董品宝石その他価値ある美術の類にも、とんと興味が無い。 俺は、音を盗む泥棒である。 それはメロディかもしれない。装飾音かもしれない。詩かもしれない。コード、リズムトラック、楽器の編成や音の嗜好なのかもしれない。また、何も盗んでいないのかもしれない。この音楽達からそれを見つけるのもいい。糾弾することも許される。...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

盗作(Album Trailer)

俺は泥棒である。 往古来今、多様な泥棒が居るが、俺は奴等とは少し違う。 金を盗む訳では無い。骨董品宝石その他価値ある美術の類にも、とんと興味が無い。 俺は、音を盗む泥棒である。 俺は人生という名前の絵を描いている。...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

ヨルシカ – 思想犯(OFFICIAL VIDEO)

俺は泥棒である。 往古来今、多様な泥棒が居るが、俺は奴等とは少し違う。 金を盗む訳では無い。骨董品宝石その他価値ある美術の類にも、とんと興味が無い。 俺は、音を盗む泥棒である。 思想犯というテーマは、ジョージ・オーウェルの小説「1984」からの盗用である。そして盗用であると公言したこの瞬間、盗用はオマージュに姿を変える。盗用とオマージュの境界線は曖昧に在るようで、実は何処にも存在しない。逆もまた然りである。オマージュは全て盗用になり得る危うさを持つ。...
Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

ヨルシカ – 春ひさぎ(OFFICIAL VIDEO)

俺は泥棒である。 往古来今、多様な泥棒が居るが、俺は奴等とは少し違う。 金を盗む訳では無い。骨董品宝石その他価値ある美術の類にも、とんと興味が無い。 俺は、音を盗む泥棒である。 春をひさぐ、は売春の隠語である。それは、ここでは「商売としての音楽」のメタファーとして機能する。...